FrontPage



表示に問題がある方はFacebookのリンクをお読みください Facebook アセンション研究所

画像の説明

☆★☆ コブラからの情報 ★完全開示に有利に働くエリスと冥王星のスクエアの瞬間に瞑想します!★ ☆、。・-*-・゚

January 22, 2020

1月26日は、エリスと冥王星のスクエアという滅多(めった)にない占星術アスペクトがあります。
これは、完全開示と地球解放の過程に大きな影響を与えます。

エリスと冥王星のスクエアの効果は、今年と来年にも感じることができます。

https://www.lunarplanner.com/2020/index.html

占星術の用語において、冥王星は門番であり、自己強化の深いレベルに誘(いざな)うものです。
自分の外側よりも、むしろ、内側を見つめ、創造力の核となるものを発見する重要性を強調します。
他人に力を与え、実現が待たれる人類の可能性、意識的認識、経験といった新たな未来へ自身を目覚めさせる方法でその力を用いることを強調します。

エリスは、隠された事実に介入することや、暴露することに恐れや躊躇(為ら)いがない、女性的な戦士のアーキタイプです。
今の認識の限界と身を置く場所を超えたものを見る為に、世界を見たり経験することを通じて、エリスは今の認識の泡を突き刺す、若しくは裂け目を入れる傾向があります。
つまり、過去に学んだ不正確なことを忘れるのに役立つということです。

全体的に、このエリスと冥王星のスクエアという占星術チャートは、完全開示に有利に働きます。
特に、国際金融システムに影響し、今の負債ベースの金融システムについて、もっと多くの開示をもたらす可能性があります。
自身の内面を見つめ、現在の金融システムを扱う方法について、新たな視点を形成することを可能にします。

来る今回のエリスと冥王星の270度のスクエアは、1757年に始まったエリスと冥王星の359年の会合周期の第4四半期に突入し、変化の時を予見します。
この周期が始まった1757年に、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが、銀行業でキャリアを開始したことは注目すべきことです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Mayer_Amschel_Rothschild

その為、今回のエリスと冥王星のスクエアは、月の周期における下弦の月、変化の時に喩(たと)えられます。

人類に恩恵をもたらすエリスと冥王星のスクエアのエネルギーを利用して、この占星術アスペクトが開始する1月26日日曜日16時49分UTCから、水瓶座の時代活性化瞑想を行います。
日本時間は、1月27日月曜日午前1時49分開始です。

この瞑想のフェイスブックイベントページは、こちらです。

https://www.facebook.com/events/468509947125019

瞑想指示(音声ガイドはこちらです。推奨時間は20分です。)
https://youtu.be/OWwxlXDnhuU

1.自分なりのやりかたで、リラックスした意識状態になります。

2.この瞑想の目的が、水瓶座の時代を開始する引き金を共同で設定することであると表明します。

3.白く輝く光の柱が宇宙のセントラルサンから発せられて、次にこの宇宙の全ての銀河のセントラルサンに、この光が分配される様子を視覚化します。
次に、この光が銀河のセントラルサンを通って、私達の銀河に入り、次に、この光が太陽系に入り、太陽系内部の全ての光の生命体を通って、この光が地球の全ての生命体と自分の身体を通り、地球の中心まで届く様子を視覚化し続けます。

4.この光が、地球に残存する全ての闇を変容させる様子を視覚化します。
この光が全ての不平等を解消し、貧困を一掃する様子を視覚化します。
この光が人類全てに豊かさをもたらす様子を視覚化します。

新たに、水瓶座の時代の大きな宇宙のサイクルが始まる様子を視覚化します。
地球の全ての生命体に、純粋な光と愛と幸福をもたらす様子を視覚化します。

Victory of the Light! (光の勝利!)

HOME

画像の説明

☆★☆ コブラ関連情報 ★PFC-JAPAN コブラ による地球解放年表★ ☆。・:*:・゚`★

September 11, 2017

https://youtu.be/ss87nazYPfQ



HOME

画像の説明

☆★☆ コブラインタビュー ★コブラとマイケルサラ博士のジョイントインタビュー★ ..。o○☆*゚¨゚゚

Octover 26, 2017



HOME

画像の説明

☆★☆ 『 エイリアンインタビュー 』 ローレンス・R・スペンサー編★ ☆、。・:*:・゚`

July, 1947



HOME

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional